2018.1.29 ママに届けたいメッセージ 

子どもの自主性、自発性に任せて成長を見守ろう! 〜ママに届けたいメッセージ vol.168〜

絵の具で遊ぶ子ども

親が思っているように子どもが動いてくれないと、
ついつい口を出したくなります。

でも、子どもは、自分で成長する力を秘めています。
親はそれをそっと見つめ、優しく見守ることが大切です。

では、見守るとはどういうことでしょう。
放ったらかしにする、という意味ではありません。

子どもが自発的にこうしたいと思うことはどんどんさせてあげたいものですが、
その環境を整えてあげることが親の役目です。

子どもが興味を持つ絵本やおもちゃ、遊び道具を用意するのは
親や周りの大人でないとできないこと。
その選択肢をたくさん用意して子どもが興味を示すものを自由に選ばせてあげましょう。

あとはそっと見守るだけ。

「こっちがいいんじゃない?」
「そう遊ぶんじゃなくて、こうやるのよ」
ついつい、手出し口出しをしたくなりますが、
そこはじっとがまん。

子どもがHELPのサインを出して親を求めたときには
“教える”のではなく、“一緒に遊ぶ”スタンスで
子どもと関わってみましょう。

子どもの自主性、自発性に任せることで
子どもは自然と成長していくはずです。








☆ブランシェスオフィシャルサイト http://www.branshes.jp/index.php オフィシャルサイトバナー ☆ブランシェス公式オンラインショップ http://www.branshes.com/shop/top.aspx ブランシェスオンラインショップ