2017.3.14 ママと子どもの食育レシピ  

ランチ会にも最適! 旬の素材でつくる「あさりと菜の花のパスタ」【ママと子供の食育レシピNo.66】

あさりと菜の花のパスタ

あさりの旬は2〜4月。潮干狩りなどのシーズンより少し早いかな?と思われるかもしれません。

あさりは春に産卵するので産卵を控えた時期が身が肥えて美味しいんです。
なので今が旬の時期ですね。

あさり

酒蒸しやお味噌汁など旨味が濃厚で美味しいですよね。

今回はあさりのボンゴレを作ります。
ボンゴレの特徴はニンニクとあさりの旨味をパスタに絡める事です。

ニンニクの香りをオリーブ油になじませ、その油をソースにするのがパスタの基本。
ニンニクは冷たいフライパンから入れて火にかけて油に香りをつける事がポイントです。

調味料はオリーブ油と塩だけのシンプルですがそれが最高に美味しい。

春らしく菜の花を加えてみました。
お家でお友達を招いてランチ会にも使えますよ。

 

あさりの砂抜き


あさりはスーパーで買ってきたものでも砂抜きすることをおすすめします。
ポイントはあさりが海にいるのと同じ状況を作る事です。
あさりは浅瀬にいることが多いため、水はあさりがかぶるくらいの量を入れ、海水程度の塩水になるように塩を入れます。

入れた水の量の約3%です。
あさりの塩抜き

また、暗くする為に新聞紙などで蓋をして2〜3時間放置します。その後、貝と貝を擦り合わせるように流水で洗い、ザルに上げて水気をきります。
あさりの塩抜き、新聞紙で暗くしている

 

あさりのボンゴレ


【材料】


あさり ・・・・ 300g〜400g
菜の花 ・・・・ 1/2束
ニンニク ・・・ 1片
唐辛子 ・・・・ 1/2本
パスタ ・・・・ 160g
オリーブ油 ・・ 大さじ3
白ワイン ・・・ 1/4カップ
塩 ・・・・・・ 適量

【作り方】


(1)砂抜きしたあさりはザルに上げて水気をきっておく。菜の花はざく切り、ニンニクはみじん切り、唐辛子は種を取り除いておく。

(2)鍋に2リットルの湯を沸かし、20gの塩を入れてパスタを茹でる。表示時間よりも少し早めにあげる。

(3)フライパンにオリーブ油・(1)のニンニク・唐辛子を入れて弱火にかける。ニンニクの香りが立ってきたらあさりを加え、白ワインを注ぎ蓋をして弱火〜中火で蒸す。
フランパンでニンニクを炒める

フランパンにあさりも加える

 

(4)あさりが開いてきたら(1)の菜の花を加え
菜の花を加える


蓋をして更に蒸す。
蓋をして蒸す状況

菜の花がしんなりとしたら(2)のパスタを加え、全体に絡めて塩で味を整える。
パスタをフライパンに加える


汁気が足りなければパスタの茹で汁を入れてよく混ぜてください。

春のパスタ、どうぞお試しください!
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ