Online Shop

BRANSHES

Style MAG

ウォータースライダーを流れるのはそうめん!?東京サマーランドコラボ「流しそうめんマシン」-what’s new-

2016.06.18

蒸し暑くなるとさっぱり食べたくなるのがそうめん。
週末や夏休みのお昼のメニューとしても重宝しますね。
子ども達にも人気で、パーティーメニューとしてもおすすめ。
最近ではみんなで楽しめる「流しそうめんマシン」も登場しています。
sub1

今回ご紹介するのはウォータースライダー型の流しそうめんマシン!
東京サマーランドのスライダーとのコラボレーションです。
sub3
本物のウォータースライダーに引けを取らない、高低差56cm、全長3.6mという、流しそうめんマシン史上最大級の大きさ!
テーブルの上でそうめんの長い走“麺”距離を楽しめます。

家族で楽しめる過去最大級の流しそうめん

★使い方は、水を入れてそうめんを流すだけ
(1)組み立てた本体の「プール」の内側にある線まで水を入れます。
(2)スイッチを押すと、そうめんスライダー内のポンプが駆動して水を上へと汲み上げます。水は循環でスライダー内を流れ続けます。
そうめんを適量上から流せば、流しそうめんを楽しめます。

そうめんを取りやすくする「くじらそうめんゲート」を設置できたり、
付属の「製氷器」で作ることができる「スライダーマン」を流すことでウォータースライダー遊びができたりと、
幅広い世代で楽しめるような仕掛けもあり。
sub10

大きさだけではない、こだわりの構造

■水流、水量をコントロール
「プール」から汲み上げた水は、「放水ホース」の出口と、根本の2箇所から放水。
「ザブーンバケツ」に水を溜めて流すことで、より勢いのある水流が生まれます。
「ザブーンバケツ」の大きさや「じゃぶじゃぶ水車」の適度な回転数など、水流と水量を細かく調節して設計しています。

■“本物のウォータースライダー”により近付ける
ウォータースライダーで人が流れる場所を5つの「水路」で再現。
「水路」自体に僅かな高低差をつけたり、くねらせることでウォータースライダーを再現すると同時に、これにより流れるそうめんに動きが出てより流しそうめんを楽しめるようになっています。
また、3段目の「曲線水路」にはウォータースライダーにも設置されている「飛び出し防止ガード」を再現したり、「水路」に節を入れるなど細かい部分まで本物に近付けてあるそうです!

夏の楽しいひとときに一役買うかも!?

ビッグストリームそうめんスライダー×東京サマーランド 共同キャンペーン中

「ビッグストリームそうめんスライダー」を購入すると、
抽選で「東京サマーランド」の招待券プレゼントキャンペーンを企画中。
詳細はタカラトミーアーツHP
http://www.takaratomy-arts.co.jp/
東京サマーランド最強スライド「DEKASLA」の優先利用システムを利用すると、
抽選で「ビックストリームそうめんスライダー」のプレゼントキャンペーンを企画中。
詳細は東京サマーランドHP
http://www.summerland.co.jp/

【製品概要】
商品名:『ビッグストリームそうめんスライダー』
希望小売価格:6,980円(税抜)
本体サイズ:約W750mm×H580mm×D330mm
商品ホームページ:
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/soumenslider/

 


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ