Online Shop

BRANSHES

Style MAG

支援先(有)「海の種」“サンゴ畑”のご紹介

2014.08.10

0809f

支援先(有)「海の種」“サンゴ畑”のご紹介

今週から、発売になりましたサンゴ保全寄付付きハンドタオル。
売上の10%が(有)海の種に寄付され、沖縄の読谷の海にサンゴが植えられます。

(有)海の種は、サンゴ礁を次の世代に残すため、
陸上のサンゴ礁「さんご畑」でサンゴの苗を育てて、海へ移植する活動を行なっています。

代表の金城浩二さんは、1998年エルニーニョ現象でサンゴの大量白化を目の当たりにし
子どもの頃に見たきれいな海に「俺が戻してやる!」と奮起!
今まで繁盛していた飲食店を辞め、あの手この手でサンゴの養殖、移植、産卵に成功。

2006年NPO法人「アクアプラネット」理事長、2007年青年版国民栄誉賞、
人間力大賞受賞、内閣総理大臣奨励賞、環境大臣奨励賞、など数々の賞を受賞されています。

2010年のブランシェスが、活動を始めた年のGWには、
金城さんの実話をもとにした映画「てぃだかんかん-海のサンゴと小さな奇跡-」が公開されました。
みなさまこの夏休みDVD鑑賞いかかでしょう?
家族でほっこり感動できる実話映画です。
0809a

そして、ブランシェスでは、2012年11月に、社内でボランティアメンバーを募り沖縄へサンゴの苗作り
および、実際に海に潜ってサンゴを植えに行ってまいりました。
今回は、「さんご畑」苗作り体験をご紹介致します。
0809e

「サンゴ畑」は、陸上の小さな海、陸上のサンゴ礁。
サンゴの天敵のいない、水温の安定した人口の池で、スクスクと成長しており、毎年6月には、産卵も確認されています。
私達は、そこで“サンゴの苗作り”を体験しました。
苗作りの前に、サンゴとは何?とりまく環境の事など、サンゴについてのお勉強をします。
サンゴは動物ですが、体の中に植物プランクトンを蓄えていて、酸素を放出している。
沖縄の島自体がサンゴでできているお話など。
0809g

そして!いよいよ苗作り!
実際のサンゴに触って、はさみを入れ株分けをし、さんごが乾かないように時々水のつけながら、苗床に入れ砂で固定して出来上がり!
はさみを入れる瞬間は、みんなドキドキ!
0809i

最後に、みんなで作ったマイサンゴを持って記念撮影。
0809h

サンゴの命の尊さを学び、神秘に触れ、前よりも、もっともっと海にやさしくなれると思いました。

この、夏休みに沖縄に行かれる予定の方は、是非「サンゴ畑」で親子でサンゴのついてお勉強&苗作り体験してみませんか?

子ども達に大好きな、ニモ(クマノミ)や海がめなどの海の生き物もたくさん居ますよ~♪
自由研究にも良いかもしれませんね。
0809d

ちなみに、サンゴ保全寄付付きタオルの売上で植えられたサンゴは、このサンゴ畑の前の海に植えられており、
サンゴ畑で産卵した卵も、前の海に流れるようになっており、両方でサンゴを増やす取り組みがされています。

サンゴ畑HP→http://www.sangobatake.jp/

皆様のご支援で植えられたサンゴはこちらからご覧頂けます。

http://www.seaseed.com/archives/5606.html#more-5606
http://www.seaseed.com/archives/6240.html#more-6240

 

★ピースフルブランシェスFacebookページ

 


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php

cate_top_new2014

 

☆ブランシェス公式オンラインショップ

http://www.branshes.com/shop/top.aspx

スクリーンショット 2014-04-09 8.50.55