Online Shop

BRANSHES

Style MAG

「豆乳マヨネーズ」は、豆乳ベースで卵不使用だから、お子様にも安心【ママと子どもの食育レシピ】Vol.10

アレルギー、カロリーなどを気にする方には敬遠されがちなマヨネーズ。
今日は材料をひと工夫するだけでみんなで美味しく楽しめる「豆乳ベース」「卵不使用」のマヨネーズを作ってみましょう。
お子様にも安心!ぜひお試しください。


豆乳 イメージ

卵アレルギー対応!お子様にも安心の豆乳マヨネーズ【ママと子どもの食育レシピ】Vol.10

大正生まれのマヨネーズ

今ではおなじみのソース「マヨネーズ」。
実はその歴史はとても古く、諸説あるものの、18世紀半ばにミノルカ島(スペイン)のマオンのある料理屋で、肉に添えられていたソースが起源だと言われています。
日本では1925年(大正14年)に商品化されたのが、日本元祖のマヨネーズとされています。

原材料は主に、卵、食用油、酢。

一般的な原材料からは、卵アレルギーの方は楽しめないと思われがちですが、
今日はアレルギーの方も楽しめる卵不使用の「手作りマヨネーズ」をご紹介します。

では、早速レシピをご紹介します。

『卵不使用・豆乳マヨネーズ』

豆乳マヨネーズ
材料

  • 豆乳・・・50ml
  • 亜麻仁油・・・50ml(グレープシードオイル等香りの強くない油なら可)
  • 米酢・・・小さじ2
  • 塩・・・ひとつまみ

 

作り方

⑴豆乳にゆっくりと油を注ぎながら混ぜる。
豆乳にゆっくりと油を注ぎながら混ぜる

⑵油をすべて入れ終わってからさらに2〜3分撹拌して、酢を入れる。
*酢を入れると急激にマヨネーズ状となります。
酢を入れると急激にマヨネーズ状となります

⑶塩を入れて、味を整えたら出来上がり。
*豆乳に甜菜糖、はちみつを加えると甘みがプラスされます。
*お好みで味の調節ができます。
*酸味は1日経つとまろやかに。

豆乳マヨネーズ瓶詰め

*保存は煮沸消毒した瓶に入れ、冷蔵で1週間程度保存可能。
*使い切れる分量で材料をご紹介しました。
*ぜひ食べたい時にその都度作って、新鮮な味をお楽しみください。

講師:管理栄養士 澤田えりこ


☆ブランシェスオフィシャルサイト

https://www.branshes.jp/index.php

2015.9-1

☆ブランシェス公式オンラインショップ

http://www.branshes.com/shop/top.aspx

2015.9-2