Online Shop

BRANSHES

Style MAG

ヨーグルトとクリームチーズをあわせた「カボチャのサラダ」

カボチャのサラダ

10月といえばハロウィン。

カボチャも美味しく食べることが出来る時期なので、シンプルにサラダで食べようと作ってみました。

カボチャ本来の味がしっかりと甘味とコクがあるので、味付けはさっぱりとアクセントをつけるくらいが食べやすいとおもいます。なので、今回はヨーグルトとクリームチーズの酸味を合わせてみました。

カボチャを混ぜる時、ゴロッとカボチャが残るくらいが良いです。

「カボチャのサラダ」の材料 (4〜5人分)

  • カボチャ ・・・・・ 1/2個(正味650g)
  • 玉ねぎ ・・・・・・ 1/2個
  • 塩 ・・・・・・・・ 小さじ1
  • クリームチーズ ・・ 30g
  • ヨーグルト ・・・・ 大さじ2
  • マヨネーズ ・・・・ 大さじ1

「カボチャのサラダ」の作り方

①カボチャの皮は痛んでいるところを包丁で削り、種を除き、適当な大きさに切る。

カットしたカボチャ

②鍋に1センチ程の水を入れ、①のカボチャを加え、塩小さじ1/2をふり、蓋をして加熱する。15分ほど柔らかくなるまで煮る。

カボチャを煮る

③玉ねぎは薄切りにし、塩小さじ1/2をふり、水気が出てきたら手で絞る。クリームチーズは適当に切っておく。

玉ねぎをカットする

④ボウルに②のカボチャ、③の玉ねぎとクリームチーズ、ヨーグルト、マヨネーズを入れ、全体が混ざるようにさっくりと混ぜ合わせる

全体が混ざるようにさっくりと混ぜ合わせる

⑤お皿に盛り付ければ完成です

この記事の著者 フードコーディネーター西田 佳代子 

ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。


また、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。 特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!
【お料理教室cotocoto】

【西田佳代子の記事】
https://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています

ママと子どもの食育レシピシリーズ