Online Shop

BRANSHES

Style MAG

ハロウィンに!「かぼちゃのポタージュ」のレシピ

かぼちゃは年中購入できますが、国産のかぼちゃが出回るのはこの時期ですね!

10月はハロウィンがあるので益々あちらこちらで見かけます。というわけでかぼちゃのポタージュを作ります。

ポタージュの工程はどの食材でも同じなので色んな野菜で作る事ができますよ。

かぼちゃは皮が硬いので包丁で切ったり皮を剥いたりするのが難しい為、かぼちゃを丸ごとレンジで加熱して少し柔らかくしてからカットすると良いですよ。

調味料は塩とバターしか使わず、玉ねぎを蒸し焼きにすることで甘みを出します。

かぼちゃの味を塩とバターで引き立てるシンプルなスープです。

かぼちゃの皮は使いませんが、処分せずにきんぴらなどに使う事もできます。

これから温かいスープが活躍する季節に入ります。是非お試し頂けたらと思います。

かぼちゃのポタージュの材料【5人分】

  • かぼちゃ ・・・・・ 1/2個
  • 玉ねぎ ・・・・・・ 1/4
  • バター ・・・・・・ 10g
  • 塩 ・・・・・・・・ 小さじ1/2〜1 
  • 水 ・・・・・・・・ 2カップ
  • 牛乳 ・・・・・・・ 2カップ

かぼちゃのポタージュの作り方

① かぼちゃは種を除き、耐熱皿にのせてラップをし、600Wの電子レンジで5〜8分加熱する。

耐熱皿にのせてラップをし、600Wの電子レンジで5〜8分加熱

② 玉ねぎを細切りにしする。熱した鍋にバターを入れ、玉ねぎを炒め、塩を加える。

蓋をして弱火でしんなりとするまで蒸し焼きにする。焦げないかをたまに見る。

玉ねぎを細切りにしする

③ ①のかぼちゃを適当な大きさに切り分け、皮を包丁で削ぐように切る。

かぼちゃを適当な大きさに切り分け

④ ②の鍋に③のかぼちゃを入れ、全体に混ぜて水を注ぎで煮る。

全体に混ぜて水を注ぎで煮る。

⑤ かぼちゃが柔らかくなったら火を止めて粗熱をとり、ミキサー又はハンドミキサーで撹拌する。

ハンドミキサーで撹拌する

⑥ かぼちゃのペーストを同じ鍋に戻し、牛乳を少しずつ注ぎ入れる

かぼちゃのペーストを同じ鍋に戻し、牛乳を少しずつ注ぎ入れる

⑦弱火で温めたら完成です。

かぼちゃのポタージュ

この記事の著者 フードコーディネーター西田 佳代子 

ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。


また、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。 特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!
【お料理教室cotocoto】

【西田佳代子の記事】
https://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています

ママと子どもの食育レシピシリーズ