Online Shop

BRANSHES

Style MAG

延々と食べられる「きゅうりの浅漬け」のレシピ

夏のきゅうりをバリバリ食べることが出来る浅漬けをご紹介します。

食卓にもう一品欲しい!

という時に冷蔵庫にきゅうりがあったのできゅうり主役でさっぱり食べたいなと思いながら作りました。

大葉と生姜の風味で爽快感が増し、食欲がそそる一品です。
是非お試しください。

「きゅうりの浅漬け」の材料

「きゅうりの浅漬け」の材料
  • きゅうり ・・・・・ 3〜4本
  • 大葉 ・・・・・・・ 3〜4枚
  • 生姜(薄切り) ・・ 3枚
  • 塩 ・・・・・・・・ 小さじ1/3
  • 白だし ・・・・・・ 小さじ2
  • ポン酢 ・・・・・・ 小さじ2
  • 白すりごま ・・・・ 適宜

「きゅうりの浅漬け」の作り方

①きゅうりは2mm程の薄切り、大葉は細かく切り、生姜はみじん切りにする

きゅうりは2mm程の薄切り、大葉は細かく切り、生姜はみじん切り

②ボウルに①のきゅうりを入れ、塩を加えて全体に軽く揉み、しばらく置き、きゅうりから水分が出てきたら手できゅうりを絞り、別のボウルに移す

きゅうりから水分が出てきたら手できゅうりを絞る

③②に白だしとポン酢を入れ、①の大葉と生姜を加える

大葉と生姜を加える

④全体に混ぜ、ラップをして1時間程冷蔵庫で冷やして完成です

1時間程冷蔵庫で冷やして完成

食べる直前にお好みですりごまを振っていただきます。

この記事の著者 フードコーディネーター西田 佳代子 

ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。


また、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。 特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!
【お料理教室cotocoto】

【西田佳代子の記事】
https://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています

ママと子どもの食育レシピシリーズ