Online Shop

BRANSHES

Style MAG

一瞬で簡単!美味しそうで美しい写真を撮るためのたった1つのコツ

テーブル風景の写真を撮ると水、お茶、お酒など飲み物が入ったグラスが必ずと言っても良い頻度でテーブルにあります。

そのガラスが凛としたたたずまい表現されていると、それだけでその写真は魅力的に変化します。
飲み物の入ったグラスは、食事では脇役かも知れませんが、それがキレイに撮れるだけで写真のクオリティはグッとアップすること間違いなし。

そして、そのためのコツはとっても単純ですよ。

何も意識せず撮った写真

意識せず撮った写真
何も意識せずパシャッと撮ると、▲このように透明感が無く、白っぽくぼやけたグラスになってしまいました。

 

カメラの角度を少し変えるか、立つ向きを少し変えて撮ってみました

向きを変えて撮影
綺麗に見える角度を意識して撮ると、同じ場所の同じグラスが透明感と艶のある姿に変化しました。

やったことは、ただひとつです。

「グラスがキレイに撮れる角度をさがす」

たったこれだけです。

今回は、カメラアングルの角度を10度~20度ほど上下左右に工夫をして綺麗に見える角度を探してシャッターを押しました。

ガラス製品というのは、とてもキレイですが写真を撮るとなると、両刃の剣になります。

透けて見えるし、反射するということは、向こう側と反射して映り込む景色を考慮する必要があるということですね。

そこまで凝らなくても、キレイに見える角度はあります。
是非試してみてくださいね。

 

講師:岡田有里

沖縄県那覇市内の自宅にてフランス菓子教室、料理教室を主宰
季節に合わせた素材を使ったデザートや料理と共にテーブルコーディネートを提案しています。

岡田有里 料理教室・フランス菓子教室HP/Blog
岡田有里 料理教室・フランス菓子教室HP/Blog

 


 
☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー

 
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ