Online Shop

BRANSHES

Style MAG

オリーブオイルと和食の相性を、味覚センサー「レオ」を使って科学的に調査 -what’s new-

2017.01.12

オリーブ

健康に気を使う人たちに、人気が高いオリーブオイル。
抗酸化作用や免疫力アップなど、からだに嬉しい効果があると言われています。

ただ、定期的に取り入れるにはメニューも限られてしまうイメージはありませんか?
イタリア料理やヨーロッパの欧風料理で使われることが多いですよね。
家庭用オリーブオイルの消費量は伸びているそうですが、「和食中心の食生活では使い方がわからない」ということはありませんか?

 

オリーブオイルと和食の相性に関する味覚実験

日本向けの啓発キャンペーンの一環として、スペイン、マドリードに本部があるインターナショナル・オリーブ・カウンシルという政府間機関では、慶應義塾大学で共同研究員として味覚を研究し、「味博士」として多数のメディアに出演している鈴木隆一氏の協力のもとオリーブオイルと和食の相性に関する味覚実験を実施しました。

今回試した和食は、朝食や昼食などで登場頻度が高いと思われる「味噌汁」、「焼魚(鮭)」、「牛丼」の3品。
適量のオリーブオイルを添加した場合と添加していない場合のものを、それぞれ味覚センサー「レオ」を使用し、甘味、塩味、酸味、苦味、旨味、コクでどう変化をするか比較しました。

その結果、オリーブオイルを添加した方が、「味噌汁」「焼魚(鮭)」「牛丼」のいずれの場合も、おいしさの指標である「旨味」「コク」の数値が高くなっており、オリーブオイルと和食の相性が非常に良いことが科学的に証明されました。
味覚センサー「レオ」

「Believe in Olive Oil」キャンペーンサイトにて、今回の実験結果と味博士のインタビュー記事が公開中されています。
インタビューでは、味博士が語る「おいしさのヒミツ」についても紹介しています。

オリーブオイル

お刺身のカルパッチョなど、「和風」レシピだけでなく、和食とオリーブオイルの相性の良さが今回の実験で数値化されたことで、科学的にもそのおいしさが証明されました。

オリーブオイルの健康効果は様々な医学ジャーナルでも発表されてきているそうです。
和食にオリーブオイルの組み合わせも、日常の食事に取り入れてみてはいかがですか?

 

What’s new
子育てママに贈るおすすめ情報。
このコーナーでは、ママに関することや育児に関することなど、役に立つ情報や旬な話題をお届けします。

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ