Online Shop

BRANSHES

Style MAG

自分できちんと悩ませてあげてる? 子どもの自立に必要なこと 〜ママに届けたいメッセージ vol.100~

勉強をする女の子

親は、子どもの成長を楽しみながら、
「自立」ができるように見守りますよね。

親なら誰だって、子どもの自立を願っているんです。

でも、
自立を見守るはずが、気が付くと過保護になって、
子離れできていない自分に気づくことありませんか?

ついつい甘やかしてしまう。
ついついやってあげてしまう。
ついつい口を出して手伝ってしまう。

例えば、転んだとき。

すぐ、「大丈夫?」なんて言って、抱き起してあげてしまっている。

全然問題ない行動でしょ?
と思いがちですが、
実はこれもついつい手伝ってあげていることになる。

転んだときは、
自分で立ち上がるのを見守らないと。

すぐに手を出すのではなく、まずは見守ることが大事。
あえて突き放すなんてことも必要。

子どもの「自立」は、「親の自立」がとっても必要。

大きくなればなるほど、気にかけすぎるのは問題。

なんでもかんでも親の意見を言わずに、
すぐ手を出さずに、
「自分できちんと悩ませてあげる」ことが親の優しさ。

自立ができていない親はついつい口は出すことが多い。
でも、肝心なときにだけ子どもを見ていないことが多い。

親が自立することは、子どもを無視することではない。
「突き放す」「我慢する」を無視と勘違いしてはだめですよね。

しっかりと見る。
見守る。

できなかったときも、できたときも子どもをちゃんと見る。
でも口は出さない。

はじめはものすごくしんどいかもしれない。

でもこれこそがとっても大切なことなんです!

子どもがきちんと自立できるように、
親も自立しなきゃ!ですね。


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ