Online Shop

BRANSHES

Style MAG

子供の「思いやりの心」や「優しさ」を育むために大切なこと 〜ママに届けたいメッセージ vol.98~

笑っている赤ちゃん

誰もが子どもには思いやりを持ってほしいと願う。
子供の「思いやりの心」や「優しさ」はどうやったら育めるのだろう。

やっぱり、1番影響力があるのは、親の姿なのかもしれない。

「子は親の鏡」と何度も耳にする。

それもそのはず。
だって、子どもは、親のことを特にママのことをよーく見ているんだから。
そして、そっくりそのまま真似をする。

「なんでそんなことするのよ!」
って怒っても、実はママがやってることが多い。

家の中で人の悪口は言わない。

当たり前を当たり前にしない、「ありがとう」と感謝の気持ちを持つ。

子どもや家族が困っているときは、
「どうしたの?」と気にかける。

ごくごく当たり前だけど、
その何でもないようなことがとっても大切。

お友達や自分以外の人に優しく接することが出来るようになってほしい!
みんな願いますよね?

でもね、
子どもに期待しすぎると、
思うようにしてくれなくて、ママはヤキモキしてイライラしてくるんです。

自分でちゃんと考えて、行動できるようになるのは小学生以降。
小さいうちは、期待してはだめ。

それまでは、人にやさしく、手助けできるようなふるまいを、手立てを、
少しずつ教えてあげて欲しい。

思いやりといたわりを持てる子に。

「相手の立場に立って物事を考える」

これって、大人でも出来ているようで出来ていないですよね?
そう、とっても難しいんです。

だからこそ、
大人の考える「思いやりの心」を押し付けないように気を付けたいですね!

そして、
お互いを尊重し、思いやれる人を目指す。
大人も子どもも日々学びながら成長していくんですね。


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ