Online Shop

BRANSHES

Style MAG

子育ては一喜一憂!別れや新しい出会いでも一喜一憂。~ママに届けたいメッセージ vol.75~

桜の下の小学生

子どもの成長と共に、お世話になる方がどんどん増えていく。

うれしい、悲しい、寂しい、楽しい、
いろんな喜怒哀楽をともに感じてくれる人が増える。

そして、親もその分、感謝の気持ちを伝えたい人が増える。

感動屋さんにますますなる。
泣き虫になる。

3月末日。
小学生の子どもを持つ親は、
新聞の異動一覧を見て、
一喜一憂。

子どもの成長に大きな影響を与えてくださった先生の異動。
一年を走馬灯のようにまた振り返り、
一喜一憂。

校長先生が異動やご退職となれば、
校風が変わるのかな?と
一喜一憂。

新聞紙相手に
一喜一憂。

周りに同じくらいの月齢の子どもがいると、
ついつい比べてしまう我が子の成長。

少しでも成長具合がゆっくりだと不安になってしまい、
一喜一憂。

周りと少しでも違うと気になって、
一喜一憂。

自分の育児が悪かったのでは?と
一喜一憂。

寝返りすれば、早くハイハイが見たい、
ハイハイすれば早く歩いて欲しいと、
一喜一憂。

おしゃべりできればもっと言葉を話してと、
一喜一憂。

ついつい先を望んでしまいがち。
周りも気になるし。
そのたんびに、
一喜一憂。

子育ては、一喜一憂するもの。

いろんなことに惑わされて、傷つくこともあるし、
心配で寝れない時もある。

うれしくて、ワクワクし過ぎて、
テンションが上がり過ぎてしまうこともある。

それが、子育て。

そのときの子どもの成長にシアワセを感じていたい。


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ