Online Shop

BRANSHES

Style MAG

親バカでもいい! だって、どの親も我が子が一番かわいいから 〜ママに届けたいメッセージ vol.133~

鉄棒をする子ども

 

「自分の子どもを全力で応援」

昔と今では、子どもへの応援の感覚がちょっと違う。
一生懸命に子どもを応援するなんて、昔はあまり見かけなかった印象。

今は、子どもの数が少なくなり、
子どもを構う余裕が出来たのだろうか。

子どもの頑張っている姿を、
全力で応援している光景は当たり前のように映る。

照りつける太陽の下、
日焼け対策を万全に、
タオルを首に巻いて、
子どもたちに歓声を上げ、

展開に一喜一憂する。

そうやって、
「今だけの姿」を、目に焼き付けている。

「親バカ」

そんな言葉が浮かぶ。

でも、親バカって言葉、良いじゃないですか。

だって、我が子はかわいいんだもの。

子煩悩ってこと。

我が子がかわいいのは当たり前。

全力で応援したり、
誇らしいと思ったり、
さすがだな!って感心したり、
すごいなあと驚いたり、

これって、ごく自然なことだと思う。

親バカになるのは、
一生懸命な証。

でも、度を越してしまうことには、気を付けたい!

夢中になって、
周りが見えない状況で、
迷惑をかけているなんてことがある。

知らないうちに、
他の子のミスに喜んだり、
けなすような言動が出ているかもしれない。

そして、
嫌な気持ちにさせてしまっているかも。

自分の子どもだけ見るのではなくて、
他の子のカッコいい所、
すごい所を見つけてみよう。

そうすれば、子どもたちの成長がずっと面白くなるし、
お互いをたたえ合う声援を送れる。

もちろん、
心の中では「うちの子が一番!」と思って、
全力応援!

だって、
自分の子が一番かわいいのですから。

でも、
子どもが恥ずかしい思いをするような、
親にはならないようにしたい。

社会人として恥ずかしい親にならないように、
常識をきちんと備えた親でいたい。

気を付けながら、
親バカを発揮していきたいですね!


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ