Online Shop

BRANSHES

Style MAG

いい子過ぎる子は要注意! 自分のよりママの気持ちを優先してるのかも? 〜ママに届けたいメッセージ vol.116~

ジャングルジムで遊ぶ女の子

手がかかる。

ママを困らせる。

何度注意してもなかなか直らない。

これって、
ママなら一度は頭を抱えたことがあるはず。

だけど、
これは子どもらしい証なんですよね。

だから、
全く気にしなくて、大丈夫!

でも、もしお子さんが、
手がかからなさ過ぎて、
しっかりし過ぎている子、

だとしたら、少し気にかけてあげたほうがいいかもしれない。

もしかしたら、
いい子過ぎる行動の裏に、
何か思いを抱えている可能性があるから。

そこに目を向けて、
その何かを発見してあげた方がいい。

隠れた気持ちに気づき、
子どもの気持ちを楽にさせてあげられるのは、
ママしかいないから。

しっかりし過ぎる子は、
「自分のやりたいこと(願望・希望)」と
「親の都合」を混同していることがある。

思いのまま動いているのではなく、
物事や行動を頭で選択していることが少なくない。

今で言う、「空気を読む」ということ。

本当は全然違うことをしたいのに、
ママの喜ぶ顔を見たいから、
ママの希望に合った選択をしている可能性がある。

ママが大好きであるが故に、
ママが喜ぶのはどっちだろう?と
頭で考えてしまっているんですよね。

そんな時に考えたいのが、

「子どもに選ばせる時に、先回りして、
親の希望や価値観を伝えてしまってないだろうか。」

と言うこと。

「○○が好きだったよね」
「あの子は○○だから」

子どもは、ママがそう言うのだから、

「好きにならないと!」

というプレッシャーを感じてしまうことがある。

だから、子ども本人が、

「これが好き!」
「これをやりたいなあ」

と言えるまで、
待ってあげることがとっても大事。

子どもが素直な思いを伝えられることは、
とっても素晴らしいことなんだもの。

それは、時にわがままに感じることもあるかもしれない。
でも、
子どもらしさを尊重して、
耳をきちんと傾けてあげたい。

そうすることで、
「人生を選択する力」がつく。

もし、我が子がいい子過ぎる子だとしたら、
子どもらしさを引き出してあげてほしい!

きっと、
知らない一面が垣間見れるはずだから!

★ママへ届けたいメッセージシリーズ
https://www.branshes.jp/blog.php?c=34


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ