Online Shop

BRANSHES

Style MAG

きょうだい喧嘩の正しい親の対応って? 〜ママに届けたいメッセージ vol.106~

木を見上げる子どもたち

子どもが2人以上だと必ずと言っていいほど毎日起こる、
きょうだい喧嘩。

「あーまた始まった」

なんて頭抱えることが多く、嫌になってしまいますよね。

さっきまであんなに仲良く遊んでいたのに、なんで~と
こちらが泣きたくなることも多々。
先か後か、大きい小さいとか、何かと小競り合いになっている。

くだらないんですけどね、
子どもたちにとっては一大事!

下の子は上の子にライバル心を燃やすことが多いし、
上の子はちょっとしたストレスを、下の子に当たってしまう。

だから、ママは、
口癖のように「もうやめなさい!」「いい加減にしなさいよ!」
なんて理由も聞かずに言ってしまうことも。

でも、冷静に考えると、
喧嘩しない兄弟、姉妹なんていませんよね。
みんな一様に喧嘩しながら大きくなっていくんです。

体当たりで大声張り上げての喧嘩なんて、
そうそうできないですよね?
お友達ともなかなかできません。

その時は、
とってもうるさいし、意味がわからないし、
決着がつかなくて大人がいらいらしてしまうこともある。

でも、子どもの成長において、きょうだい喧嘩はとっても大事。

集団の社会性が身につく、非常にいい機会。

傷つけたり傷つけられたり、
むかついたり、
頭にきたり、
でもいたわったり、
謝ったり、

人同士の付き合いが自然と分かっていく。

身に危険な状態でなければ、勝手に自由にさせてあげるのもいいのかも。

子どもの頃の喧嘩が、いつまでもいつまでも、
長年にわたって尾を引くようなことは、
ないですもんね。

大人になったとき、
思い出して、
笑っちゃうんですよね、きっと。

それもそれでいい思い出になるんです。

なーんにもなくて成長できる人なんていない。

人と人が全く関わらないで生きていける人もいない。

怒ったり、
泣いたり、
笑ったり、
喜んだり、

いろんな喜怒哀楽を知って、
関りを知って、
大きくなっていく。

ここは大人がぐっと耐えて、
見守るのも大事な役割かもしれませんね!!


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ