Online Shop

BRANSHES

Style MAG

「イオン心をつなぐプロジェクト」福島県南相馬市へボランティア参加報告

福島県南相馬小高地区は原発から20km圏内にありますが、今年7月に避難指示区域から解除されました。

それを受けまして、2016年10月14日から10月16日の3日間“イオン心をつなぐプロジェクト”東日本大震災のボランティアに、弊社の本部有志メンバー6名で参加をしてまいりました。

 

避難指示区域から解除とはいえ・・

震災後そのままになった家屋
だだ、福島県にはまだ車の窓を開けても駄目、止まっても駄目な区域があります。
同じ日本なのに、こんな場所がある事、みなさん忘れないでいてほしいと語り部の方がおっしゃっていました。

除染廃棄物仮仮置き場
窓の外は、受入先のない除染廃棄物の仮仮置き場の山
(仮置き場ではなく仮仮置き場です)

 

南相馬へブランシェススタッフが行くのは4回目

福島は放射線の影響もありボランティアの受け入れが始まったのも遅く、復旧も遅れていましたが、非難指示解除になった区域もあり、少しずつですが、ゴーストタウンだった町が呼吸し始めているのを感じました。

1日目集合写真
今回、イオングループでの参加は弊社6名を含む総勢37名!
土曜ということもあり、他の企業さま、個人の方もたくさん来られていました。

まずはボランティアセンターで依頼者さまからのニーズと人数によって、その日の活動がきまります。

1日目は、個人宅の草刈り剪定作業

草刈り作業1
非難指示解除で戻ってこられる方の依頼で一軒屋の家財道具の運び出しとお家まわりの草刈をしました。

5年半前から放置され、荒れ放題になった部屋を整理していると、埃にまみれた思い出の写真が出てきたりして、本当に切なくなりました。
“普通が幸せ”という震災を経験した方、誰しもが言っていた言葉が浮かびました。

そして”一人一人の力は小さいけど、みんなで協力すると、こんなにも大きな力になる”
時間内に豪邸の中の家財道具を全て外に運びだし、お家のまわりの草刈もきれいになりました!
個人宅の草刈り作業

家主さんの嬉しそうな顔を見ると、本当に来てよかったと毎回実感します。

お昼休みは、小高駅へ。
1年半前に来た時には人の気配のなかった小高駅が復活!!!
町に、人が戻ってきている!!!
小高駅復活

そして、お祭りが実施されてるとの事で短い時間でしたが参加してきました(*^^*)
少しづつ復興の兆しがやっと!見れた感じで嬉しくなりました。
復活!秋祭り 地元高校生のブース

2日目はガーデンハックルベリーの摘み取り作業

ハックルベリー集合写真
快晴の空の下ハックルベリーをたくさん摘み取りました。

みなさんガーデンハックルベリーってご存知ですか?
ハックルベリー
ブルーベリーによく似ていますが、ハックルベリーはなす科の野菜で、味はなくそのままでは食べれないのでジャムなどにして食べるそうです。
目にいいとされるアントシアニンがブルーベリーの5倍含まれているらしいです。

緑の茎のものは取らずに、茶色の茎のプリっとした実をプチプチ積んでいく作業はハマリますよ!
おのくんハックルベリー ハックルベリー収穫

手の中でつぶれちゃうと、きれいな紫色がつきます。

しわしわで収穫できなくなったものは廃棄するらしく、もったいないから染料に使えないかどうか伺ったところ、これで藍染もできるとの事。

チームブランシェス参加メンバー6人でハックルベリー染めで商品化できないか、お弁当を食べながら企画会議をしましたよ。

少しベリーを分けてもらったので、大阪に持ち帰り、商品化実現に向けて頑張りたいと思います。

東日本大震災から5年と7ヶ月

これからもブランシェスでできる事を継続してまいります。


★ピースフルブランシェスFacebookページ

ピースフルブランシェス
☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ