Online Shop

BRANSHES

Style MAG

宴会やパーティなどが続く季節に食べたい、疲れた胃腸に優しい「大根のポタージュ」【ママとこどもの食育レシピNo.54】

大根には消化酵素のジアスターゼなどが含まれている為、胃腸の働きを整えてくれる効果があります。

更に、ジアスターゼには解毒作用もあるため、焼き魚の焦の発がん物質を解消する働きもあるので、タンパク質と一緒に食べるのは理にかなっています。

「大根下ろしは食当たりにならない」という事から演技の下手な役者を「当たらない」という事で「大根役者」と言われるようになったみたいですよ。
大根

大根のあったかいスープの提案です。
疲れた身体に優しく染みるスープです。

 

疲れた胃腸に優しい「大根のポタージュ」

【材料】

大根 ・・・・ 1/3本(約400g)
玉ねぎ ・・・ 1/4個
塩 ・・・・・ 小さじ1
オリーブ油 ・ 大さじ1
米 ・・・・・ 大さじ1
だし汁 ・・・ 250cc(昆布と干し椎茸を水に浸しただし汁)
牛乳 ・・・・ 50cc

 

【作り方】

1.大根と玉ねぎは薄切りにする。鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎと塩を入れ、全体に油が回るように弱火で炒め、蓋をして時々混ぜながら玉ねぎが透明になるまで蒸し炒めにする。
大根と玉ねぎは薄切り

2.玉ねぎが透明になったら、大根と米を加えて全体に軽く炒め、だし汁を注ぎ入れ、蓋をして中火で煮る。
大根が柔らかくなったら火を止め、粗熱が取れたらミキサーに入れて撹拌する。
ミキサーにかけたものを鍋に戻し、牛乳を加えて濃度を調節

3.ミキサーにかけたものを鍋に戻し、牛乳を加えて濃度を調節し、味が足りなければ塩で調節する。

4.(トッピング)えびは殻と背ワタを取り除き、適当な大きさに切って塩をし、ごま油で炒める。  大根の葉は茹で、細かく刻む。
器にスープを注ぎ、トッピングのえび・大根の葉・胡麻をかけていただく。
大根のポタージュ

 

最後に

あっという間に冬到来。
年末に向けて新しい年を迎えるにあたり、何かとバタバタする時期ですね。

また、クリスマスに忘年会、大晦日とイベントも多いので、暴飲暴食が続いて胃腸がすぐれないという方もこの時期は多いのではないでしょうか。

私もその中の一人です。笑

そんな胃腸に優しいお野菜代表が大根。
大根は年中出回っているお野菜ですが、旬は秋から冬。
特に冬場の寒さで甘さがグッと増すので、今から美味しい大根が出回りますよね。

疲れた胃腸をいたわってあげてくださいね♪

 

フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
https://www.branshes.jp/wpapp/blog/blog_tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ