Online Shop

BRANSHES

Style MAG

子どもの写真がブレない3つの解決策。こどもの写真撮影方法【ママのためのカメラ講座】No.1

2015.06.10

ママだから撮れる!最高の写真。
親子の写真は「愛された記憶の一枚へ」
今この瞬間を素敵な写真に収めてみませんか。

「はいポーズ!」と言っても被写体のこどもは、じっとしていてはくれませんよね。
よい表情、よい景色は一瞬の芸術。
そこで、今回のコラムは「ママ×こども」をテーマに「ママのためのカメラ講座」と題してお送りしていきたいと思います。
講師をしてくださるのはルカフォトの宮川理恵先生。

愛する我が子の最高の瞬間を!
ママだから撮れる!最高の写真。
親子の写真は「愛された記憶の一枚へ」となります。
今この瞬間を素敵な写真に収めてみませんか。

 

これでブレない!こどもの写真撮影方法【ママのためのカメラ講座】

camera1

初めまして、ルカフォトの宮川理恵です。
毎日違うこどもの表情、行動、その成長を、素敵に写真に収められたら素敵ですよね。

そこで、「ママ×こども」をテーマに、こどもの写真を素敵に残す手段をみなさまにお届けしていきたいと思います。
少しの技術と知識があれば、はじめての一眼レフも、デジタルカメラも怖くありません。

では、どのような技術や知識が必要でしょうか。

これからは、実際にママ向けのカメラ講座であった質問ベスト4をテーマにして、みなさまに解説させていただきます。

ママ向けカメラ講座での質問

  1. 写真がブレる
  2. 写真が暗い(1)
  3. 写真が暗い(2)
  4. ポーズがワンパターン

 

1.写真がブレる

ママのためのカメラ講座で一番質問が多いのはこの「ブレ」です。

ではこの「ブレ」一体何がぶれているのでしょう。
実は「何がブレているか」を理解できれば解決はとても簡単なんです!

 

 

1手ぶれ(下写真)
camera2

これはカメラマンの「手ぶれ」です
カメラマンの手が震えていたのでしょうか。カメラを構えている側が動いてしまっています。

 

 

2被写体ブレ(下写真)
camera3
これは「被写体ぶれ」です。
ベビーの手だけぶれています。
シャッターチャンスに、ベビーが激しくを振ったのでしょう。

さあ、あなたの「ブレ」は、どちらでしたか?

けれど、F1レースの写真も綺麗に撮れるのに、どうしてベビーの手だけがぶれたのでしょうか。

1,2の「手ブレ」「被写体ブレ」について解説をしていきます。

●「ブレ」解説と解決方法

  • しっかり構える
  • フラッシュをたく
  • ISO感度を上げる

まずはしっかり構えます。
それでもダメならフラッシュを使います。
(フラッシュの使い方はここでは置いておいて)
camera5

フラッシュに頼らず三脚を使うなどせずに、せっかくデジタルカメラがあるのですから、活用してみましょう。

ここでに登場するのがISO感度ボタンです。
ISO感度について、詳しくわかりやすく説明していきます。

 

 

●イソ感度(ISO)

ISOとは、光に対する感度の数値
→数字をあげればブレしにくくなります。

camera4

では、あなたのカメラのイソ感度(ISO)は幾つの設定になっていますか。
(携帯のカメラは自動設定です。)

イソ感度(ISO)を上げることで、手ブレがましになります。
しかし、イソ感度(ISO)を上げることで画質が劣化します。

「高感度でも綺麗に撮れる」
という台詞を聞いたことがありませんか。
これは、イソ感度(ISO)を上げても、それほど画質が劣化しない、という意味なんです。
イソ感度(ISO)を上げた場合は、写真のざらざら感を意識してみてください。

「イソ感度(ISO)の数字は高くなっています」
「イソ感度(ISOはオートになっています」

それでも写真が暗い、という場合は、お持ちのカメラでは対応ができないほど、その時に暗かったと考えられます。

 

●イソ感度(ISO)まとめ
「ISOとは」・・・光に対する感度の数値

数値を上げるメリット
・ブレにくくなる
・暗いところでの撮影ができる

数値を上げるデメリット
・画質が粗くなる

 

camera1
1796547_435072726642482_6869192105334367601_n

●より素敵な写真を撮るために
明るい窓際で撮りましょう。
時間は昼間がオススメです。
フラッシュをたきましょう。
そして、そのカメラの能力に付き合ってあげましょう。

●こどもへ写真という宝物を
ママのカメラには大好きなお子様の写真がたくさん。
けれど、その中にお子様とのツーショットはどのくらいありますか?

お子様の写真をたくさん撮ったら、ぜひ誰かにお願いをしてお子様とのツーショットも残しておいてくださいね。
親子の写真はお子様の生涯の宝物となるはずです。
この写真は「愛された記憶」となって、お子様が成長した時にも力になってくれることでしょう。

 


ルカフォト

 

 

宮川理恵(みやがわよしえ)
ルカフォト主宰
写真家の家庭に生まれる。
幼少期より「お手伝い=写真のこと」という環境のもとに成長する。結婚式場写真室勤務の後、フリーに転身。その後は大阪、神戸を中心にブライダル撮影、家族撮影等、最高の笑顔をカメラに収めることに勤める。2児の母。

ルカフォト
URL:http://www.rukaphoto.com

 

 


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルオンラインショップ

☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ