Online Shop

BRANSHES

Style MAG

父の日にも最適! シンプル焼き菓子「チョコチップスコーン」の作り方 【ママと子供の食育レシピNo.77】

チョコチップスコーン完成

窓を開けて爽やかな風を感じながら作る焼き菓子は格別です。

混ぜるだけ。
簡単な焼き菓子なので、子供にたくさんお手伝いしてもらいましょう!
父の日に作ってプレゼントもいいですね。

材料はとってもシンプル。
焼きたてのバターの香りは疲れを癒してくれます。

 

チョコチップスコーン

材料

8個分くらい
薄力粉      ・・・150g
ベーキングパウダー ・・・小1/2
甜菜糖      ・・・50g
たまご      ・・・1個(M約50g)
牛乳       ・・・40cc
バター      ・・・40g
チョコチップ   ・・・30g

 
チョコチップスコーンの材料

作り方

準備)バターは小さくカットして冷蔵庫でしっかり冷やしておく。
薄力粉、甜菜糖、ベーキングパウダーは合わせて振るっておく。
卵と牛乳は合わせて溶いておく。

1)粉類の中に、冷やしたバターを入れ、

粉類にバターが混ざっている

指先でバターを潰し粉となじませる。
手でバターを混ぜる

 

2)全体にバターと粉が馴染み、ポロポロの状態になったら、

粉とバターが混ざってポロポロ

合わせて溶いた卵と牛乳を3回に分けて加え、都度スプーンで切るように混ぜ合わせていく。
卵を投入

 

3)全体がよく混ざったらチョコチップを加え、

チョコチップ投入

ひとまとまりにし、
生地をひとまとめにする

ラップをして冷蔵庫で30分ほど生地を休ませる。
生地をねかせる

 

4)打ち粉(強力粉、分量外)をし、生地を2cmの厚さに広げ、

伸びた生地

粉をつけた型または、コップなどで抜いていく。
切り抜く様子1 切り抜く様子2

 

5)シートを敷いた天板に並べ、表面にスプーンの背で牛乳をぬる。
牛乳を塗る

 

6)220度のオーブンで14分焼く。
オーブンで焼く

  • ※打ち粉とは・・・強力粉を使用します。生地がベタつく時に少量使います。

ポイントは、冷蔵庫で生地を休ませる事。休ませる事で生地が落ち着き成形しやすく、しかも、さっくりと仕上がりますよ。

今回はチョコチップを使いましたが、レーズンや、ナッツ、キャラメルを混ぜ込んでも美味しいです。
ホイップクリームやジャムやハチミツを添えて召し上がれ!

焼き時間は大きさによって変えてください。
わたしが使用した型は少し大きめで、直径10cmで17分。
小さいのが、直径3cmで10分でした。
ちょうどいい大きさの型がなかったので。。。。参考になさってください。

丸でなくても、三角にカットしてもいいですね、どこかのカフェのように。

イギリス生まれのスコーンは、アフタヌーンティには欠かせないおやつのひとつ。
貴族たちの生活は優雅、そして贅沢だったようです。

紅茶を飲みながら、サンドイッチやスコーン、ケーキなど食べながら、おしゃべりをする社交の場。

日々の忙しい時間を少し忘れて、紅茶と焼きたてのスコーンで、ホッと一息アフタヌーンティの気分を味わってみてはいかがでしょうか。

 

講師:中島涼子
中島涼子マンスリークッキング パナー~安心・安全は家庭から~~家庭料理は家族の絆を結ぶ~
2004年 LE CORDON BLUE 神戸校 菓子基礎 中級 上級コース卒
2009年 料理教室lista主催 料理研究家養成コース 卒
2009年 ケータリングプランナー 取得
2009年 ハーブクッキングアドバイザー 取得
2010年 神戸トアロードにカフェをオープン
2011年 自宅にて『記憶に残る料理教室』主宰『記憶に残る料理教室』
記憶に残る料理教室では、忙しい毎日の中にも、お母さんの味を子供に伝え、また、自分の味を見つけることで気持ちに余裕がうまれることを信じています。【中島涼子の記事】
https://www.branshes.jp/wpapp/blog/blog_tag/ryoko-nakajima/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ