Online Shop

BRANSHES

Style MAG

子どもの病気の症状や経過を簡単に記録できるアプリ『病気メモ』が登場!-what’s new-

2016.04.13

子どもは自分で病気の症状を説明することができませんから、保護者が症状や様子を医師に適切に伝えることがとても重要とはわかっていても、急な病気のとき病院で子どもの症状がうまく伝えられるか不安な時もありますよね。

そんな不安を解消する、子どもが病気になったときの様子をアプリに記録して、医師に症状や経過を”うまく伝える”ためのiPhoneアプリ『病気メモ』がリリースされました。

赤ちゃんとママの手

新年度が始まり、子どももママもドキドキしながら新生活を過ごす4月。
緊張感がほぐれた頃、集団生活の疲れや慣れない毎日の生活から、体調を崩すこともありがちなことですよね。

そんな時、この「病気メモ」が役に立ってくれることでしょう。

 

チーフエンジニアは現在子育て中のママ。在宅で開発した『病気メモ』アプリ

病気メモアプリ
iPhoneで症状や経過を簡単に記録でき、家庭のプリンターで印刷、病院の受付時に紙を提出することで、家庭での状態、体温グラフ、看病や経過の様子、便や発疹などの写真、アレルギーなどのプロフィール、聞きたいこと等、医師に適切に伝えることができます。

5人までの記録対象者の登録ができ、兄弟姉妹がいてもそれぞれ別々に記録できます。
またアラーム機能により、投薬や検温などのうっかり忘れを防止できるのもありがたいですね。

 

■お医者さんに症状がうまく伝わる!

問診票に病気メモを添えることで、病気のこどもや乳幼児から目を離す時間を少なくでき、書ききれない情報を医師に伝えることができます。
看病した人と病院に連れて行く人が違う場合にもちゃんと申し送りができますし、これまでの症状を説明するときにも役立ちますね。
症状を伝える

 

■さまざまな症状を簡単に記録できる!

基本的な症状はボタンで選択するだけ。
写真がメモできるので、便の色や状態、病院ではでない発疹の状態など、言葉ではなく画像で医師に見せることができます。
体温グラフは自動作成。受診時の体温だけでなく体温変化がわかると、経過が分かりやすく、診断の助けになります。
写真で症状を伝える

 

毎回聞かれる項目もプロフィールで保存

アレルギー、生年月日、体重、予防接種、既往歴、出生時の状況、水薬や粉薬、錠剤の希望など、毎回問診票に書いたり先生に伝えなければいけない項目もプロフィールに保存出来ます。

アレルギー
▲アレルギー登録画面

プロフィール
▲プロフィール登録画面

AirPrint, DirectPrint 対応で、記録は詳しい問診表としてアプリから家庭用プリンターで印刷できる上に、項目はカスタマイズが可能で、再診時には不要な情報を印刷しないようにすることもできます。
看病しながら詳細なメモを取るのはなかなか難しいこともあります。簡単に記録が残せるアプリなら、手軽に利用出来そう!
情報を提供できることで病院での診察時間も短縮出来るなら、ママの疲労も軽減されますよね。

 

「病気メモ」詳細

『病気メモ』ダウンロードページ(Apple AppStore)

『病気メモ』製品Webページ

■動作環境
・アプリ: iOS 7.0以降のiPhone (iPadでは互換モードで動作します)
・印刷: AirPrintまたはDirectPrint対応プリンター

■価格
ダウンロード無料(記録ノート1冊付き)
アプリ内課金あり
・記録ノート 1冊 120円
・記録ノート 5冊 480円
・記録ノート 12冊 960円

………………………………………………………

What’s new
子育てママに贈るおすすめ情報。
このコーナーでは、ママに関することや育児に関することなど、役に立つ情報や旬な話題をお届けします。

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー


☆ブランシェスオフィシャルサイト
https://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ