Online Shop

BRANSHES

Style MAG

「鮭とキノコのバター醤油炒め」のレシピをご紹介

秋鮭が美味しそうだったので、キノコと合わせてホイル焼きのイメージで作ってみました。

仕上げにバターを入れるとコクと風味が広がって美味しいです。我が家の子供も食べてくれるお魚料理の一品です。

フライパンで蓋をして焼くだけで出来るのでとっても簡単ですよ!

このレシピでは、しめじを使用していますが、なければエノキ茸やエリンギなど何でも適応できます。

「鮭とキノコのバター醤油炒め」の材料【2〜3人分】

  • 秋鮭 ・・・・・・・・ 3切れ(約250g)
  • 塩こしょう ・・・・・ 少々
  • 小麦粉 ・・・・・・・ 適量
  • サラダ油 ・・・・・・ 小さじ2程
  • しめじ ・・・・・・・ 1パック
  • 玉ねぎ ・・・・・・・ 1/4個

(調味料)

  • 酒 ・・・・・・・・・ 大さじ2
  • 醤油 ・・・・・・・・ 大さじ2
  • みりん ・・・・・・・ 大さじ1
  • 砂糖 ・・・・・・・・ 小さじ1
  • バター ・・・・・・・ 5〜10g
  • 青ネギ(斜め切り) ・ 適宜
  • レモン ・・・・・・・ 適宜

「鮭とキノコのバター醤油炒め」の作り方

①鮭は3等分に切って塩こしょうをし、軽く小麦粉を全体に振りかける

②しめじは石つきを落として小房にし、玉ねぎは細切りにする

しめじは石つきを落として小房にし、玉ねぎは細切りにする

③熱したフライパンにサラダ油をひき、①の鮭を皮目を下において焼く

鮭を炒める様子

④焼けたら鮭を裏返し、②のしめじと玉ねぎを均等に散らし、バター以外の合わせた調味料を回しかけて蓋をして火が通るまで3分程蒸し焼きにする

⑤出来上がったら火を止めてバターを入れて全体に混ぜ合わせる。

⑥器に盛ってネギを天盛りにすれば完成です。

お好みでレモンを絞って頂くと、さっぱりして美味しいですよ。

この記事の著者 フードコーディネーター西田 佳代子 

ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。


また、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。 特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!
【お料理教室cotocoto】

【西田佳代子の記事】
https://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています

ママと子どもの食育レシピシリーズ