Online Shop

BRANSHES

Mama Koe

やみつきになる「ツナと生姜の佃煮」の作り方

朝晩は涼しくなったとはいえ、残暑が続き昼間は暑いこの頃。
同時に、新米が美味しい季節ですね。

私はお米が大好きで、新米だと米が主役の気分になり、美味しいお供があればそれだけで満足です。

そこで、この記事では佃煮です。生姜と一緒に炒め煮するだけなのでとても簡単です。

ご飯にかけるのはもちろんですが、おにぎりの具材、豆腐、サラダにかけるのもおすすめです。
マヨネーズともよく合いますよ!

生姜のピリとした風味とツナの旨味が美味しくて、やみつきになります。

「ツナと生姜の佃煮」の材料と作り方

【材料】 作りやすい分量

  • ツナ(小) ・・・ 2缶
  • 生姜 ・・・・・・ 50g

(調味料)

  • 酒 ・・・・・・・ 大3
  • 醤油 ・・・・・・ 大2
  • みりん ・・・・・ 大1
  • 砂糖 ・・・・・・ 小1

【作り方】

  1. ツナは軽く油をきる。生姜は皮をむき、みじん切りにする。
    生姜のみじん切り
  2. 小さめのフライパン又は鍋にフライパンに①のツナと生姜、調味料を入れて中火にかけて混ぜる。
    フライパンで材料を炒める
  3. 煮立ったら弱火にし、4〜5分煮る。水分が半分くらいとんだら火を止める。

    ※フライパンは直径20センチの小さめのフライパンを使用してます。
  4. 器に盛ったら完成です。
    完成

水分をとばしすぎるとカシカシになるので、ある程度しっとりとしている方が美味しいですよ。

この記事の著者 フードコーディネーター西田 佳代子 

ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。


また、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。 特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!
【お料理教室cotocoto】

【西田佳代子の記事】
https://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています

ママと子どもの食育レシピシリーズ