Online Shop

BRANSHES

Mama Koe

春を待つ「いちごとキャベツの春色和え」のレシピ

立春を過ぎると一気に日が長くなり、心なしか空気に春の匂いを感じます。

野菜売り場にも、しっかり巻いた扁平型の冬キャベツに代わって、ふんわり巻いた緑鮮やかなまぁ~るい型の春キャベツが登場してきました。

お子さまの大好きないちごと、春キャベツをあわせたウキウキする「春を待つレシピ」をご紹介しましょう。

いちごとキャベツの春色和えの材料(4人分)

いちご ・・・・・ 100g
春キャベツ ・・・ 300g
みかん ・・・・・ 150g
豚バラ肉 ・・・・ 120g
コンソメ顆粒 ・・ 小さじ1/2
粒マスタード ・・ 小さじ2
E.vオリーブ油 ・・ 大さじ2
白胡椒 ・・・・・ 適量
ピンクソルト ・・ 適量 

いちごとキャベツの春色和えの作り方

① いちごは洗ってからヘタを取り縦に4~6等分に切りる。

② みかんは皮をむき1.5㎝厚さの輪切りにして、さらに4~6等分にする。

③ 春キャベツは2㎝幅のざく切りにする。

④ 豚バラ肉は3~4㎝に切り、白胡椒をふる。

⑤ フライパンを熱し④を炒め八部通り火が通れば ②とコンソメ顆粒を加えフタをして中火で蒸し焼きにする。

⑥ ボウルにE.vオリーブ油と粒マスタードを混ぜ合わせ、⑤を加え和える。

⑦ ⑥の粗熱が取れたら①と②を加え、手早く和える。

今日から「あなたもいちご博士」に!いちごの豆知識3つ

いちごの断面

いちごの実ってどこにあるの?

種のように見える表面の粒々がいちごの「実」の部分です。
私たちが食べている部分は実はいちごの花のガクである「花托(カタク)」が肥大した「花床(カショウ)」と呼ばれる部分。

いちごの先端とヘタの部分 どっちが甘いの?

いちごは先端の部分に甘みが凝縮しています。

さあ、あなたはどっちから食べる派?
最初に甘~い部分からガブリっといっちゃう派?
それとも甘い部分は最後のお楽しみにする派? 

ご家族でお話ししながらお楽しみなってください。

いちごはヘタをつけたまま洗ってください。

ヘタを取ってから洗うと、豊富に含まれるビタミンCが流れ出てしまいます。
そしてお味もうすくなります。なので、ヘタをつけたまま洗ってくださいませ。

この記事を書いた人 石井郁子

石井郁子

日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ上級プロ
日本野菜ソムリエ協会認定地域校 宝塚教室主宰野菜ソムリエの最高峰である 野菜ソムリエ上級プロとアロマテラピーインストラクターの資格を併せ持ち、「美」×「健康」×「食」をテーマにした食育活動を行う。
農水省、厚労省の食育講師、企業依頼のトークショー、カルチャースクール講師、大手百貨店主催の料理教室講師、レシピ提案など幅広い分野で活動。

石井郁子Facebook

【今までの記事はこちら】https://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ikuko-ishii/

ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています

ママと子どもの食育レシピシリーズ