Online Shop

BRANSHES

Mama Koe

進化型おくるみパジャマ「Sleeping Baby」で夜泣きを軽減 -what’s new-

2020.08.22

共働き先進国アメリカから進化型おくるみパジャマが日本上陸!ママのお腹の中を再現して夜泣きを軽減してくれる「Sleeping Baby」をご紹介します。

パジャマ「Sleeping Baby」ロゴ
パジャマ「Sleeping Baby」

赤ちゃんの眠りを変えるアメリカ発ベビー服ブランド「Sleeping Baby」

「Sleeping Baby」はアメリカ発のベビー服ブランドで、代表商品の「スリーピングスター」(英語名:Zipadee-Zip)は赤ちゃんの寝付きや夜泣きが改善につながるだけでなく、「お着替えがすぐ終わる」「洗濯してもすぐ乾く」など、パパとママの育児が楽になる機能がたくさん付いています。

パジャマ「Sleeping Baby」

代表商品「スリーピングスター」は夜泣きで悩むパパママの救世主

「スリーピングスター」は手足の先っぽが閉じたデザインで、赤ちゃんの手先足先まですっぽり包み込むゆったりしたヒトデのような形が特徴。その最大のポイントは、着るだけで赤ちゃんの睡眠時間が最大2時間のび*、夜泣きが劇的に改善する効果です(*ご愛用者調査より)。

赤ちゃんの眠りが改善した結果、ママやパパも安心して夜寝られるので「家族全員の睡眠時間が伸びた」「夜泣きと寝不足で悩む友達にプレゼントしたらとても喜ばれた」というレビューが多く寄せられているそうです。

パジャマ「Sleeping Baby」

夜泣きの原因はモロー反射のストレス

月齢が低い赤ちゃんが夜中によく起きてしまうのは、急に手足をビクッと動いてしまう「モロー反射」が起きてしまうせいです。お母さんのお腹の中にいた時は常に何かに包まれている安心感がありましたが、外に出た赤ちゃんにモロー反射が起きたときには周りに支えがないので、自分の動きにびっくりした赤ちゃんは目を覚まして泣き出してしまいます。

ヒミツはママのお腹の中を再現した着心地

「スリーピングスター」に包まれている赤ちゃんは、モロー反射で動いた時もお母さんのお腹の中にいるような「すみっこ感」を感じられるので、安心して眠り続けられるという仕組みです。

モロー反射の動きを無理やり封じ込めている訳ではなく、手足にゆとりがあって赤ちゃんの動きを制限し過ぎない安心設計なので、寝返りやうつ伏せ時の顔上げなどの動きも妨げません。

日本で「スリーピングスター」が求められる背景

「子どもがなかなか寝てくれない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」「やっと昼寝したと思ったらすぐ起きてしまって、家事が進まない」など、乳幼児を持つ親の一番悩みは「子どもの睡眠」とも言われています。

コロナで家事の負担が増え、自分の睡眠を削るママも

コロナで在宅仕事や子どもが家にいる時間が増えた影響で、ママの家事負担も急増。なんとか家事の時間を捻出するために「睡眠時間や入浴時間などの生活に必要な時間を削った」ママがなんと3割にものぼる調査結果も出ています。

「赤ちゃんの夜泣きが酷くて夜眠れない」「やるべきことが終わらないから睡眠時間を削る」・・・そんなハードな生活を送る日本のママやパパの睡眠を「スリーピングスター」なら変えられるかもしれません。

◆進化型おくるみパジャマ「Sleeping Baby」詳細

お着替え・洗濯を簡単にする工夫と、安全へのこだわり

パジャマ「Sleeping Baby」

「スリーピングスター」は赤ちゃんの眠りを良くするだけではありません。ママやパパの育児をとことん楽にすることを考えて作られているため、「赤ちゃんがじっとしてくれなくて大変」なお着替えも簡単です!普通のおくるみのように複雑に折りたたむ必要は無く、ヒトデの形に合わせて手足を入れたらジッパーを上げるだけ。

もちろんお手入れも裏返して洗濯機に入れるだけの簡単設計で、生地が乾きやすいことも多くのママに支持されています。

さらに、ジッパーの先端を安全ポケットに収納すれば直接赤ちゃんのデリケートなお肌やアゴにも触れません。安全ポケットと手先のカバーで、赤ちゃんがジッパーを引っ張ったり、口に含んだりする危険性を軽減しています。

赤ちゃんが動き回ったときの程よい伸縮性を目指した優しい生地

パジャマ「Sleeping Baby」

赤ちゃんが動き回ったときに「動きを制限し過ぎずにしっかりのびる」ことと、安全性を考えて「伸びすぎない」ことをとことん研究した生地になっています。

さらに、赤ちゃんの肌に直接触れるものだからこそ、着ていて気持ちが良いやわらなか肌触りを実現。体温が高く汗をかきやすい赤ちゃんのことを考えて通気性もバッチリ!厚すぎず、薄すぎない生地なのでオールシーズンに対応しています。

●かわいいアメリカ発デザインが豊富で出産祝い・ギフトにも最適

アメリカ発だからこそのカラフルでかわいい柄がたくさん。柄が豊富なので他の人とかぶらない「出産祝い」や贈り物としてもおすすめです!ここではAmazonの売れ筋TOP3をご紹介します。

第一位 ブルー

パジャマ「Sleeping Baby」ブルー

第二位 のりもの

パジャマ「Sleeping Baby」のりもの

第三位 どうぶつえん

パジャマ「Sleeping Baby」どうぶつえん

アメリカの大手メディアで話題・数々の賞も受賞

「スリーピングスター」はアメリカで驚異的な視聴率を誇る人気テレビ番組「SHARK TANK」でも取り上げられました。「SHARK TANK」は起業家たちが自分の事業を投資家にプレゼンし投資家はその可能性に応じた資金を投資してくれるという非常にシビアな番組ですが、「スリーピングスター」の確かな効果に納得した投資家から、なんと2万ドル=2億円(!)もの資金を調達したそうです。(※番組内では、英語名:Zipadee-Zipとして紹介されています。)

数々の育児グッズ賞を受賞

口コミやメディアで話題になった「スリーピングスター」は、毎年さまざまな育児グッズの賞を受賞し続け、全米のパパやママから多くの支持を得ています。

◆「Sleeping Baby」が生まれた背景

笑顔の家族

商品誕生のきっかけは我が子の夜泣きで悩むアメリカのワーキングママ

「Sleeping Baby」は、生まれたばかりの赤ちゃんと仕事を抱えながら、我が子の夜泣きや自身の睡眠不足で悩む一人のアメリカ人女性のアイディアから生まれました。

創業者であるシャーロットは夜中に何度も赤ちゃんが目を覚ましてしまうため、さまざまなおくるみや寝袋を試してみましたが、夜泣きは無くなりませんでした。夫婦は研究の結果「モロー反射」によって赤ちゃんが目を覚ましてしまうことに着目し、そして誕生したのが「スリーピングスター」です。限られた資金で生地を買ってスリーピングスターを縫い、徐々に口コミやメディアで評判が広がって、「Sleeping Baby」というブランドは全米で確立していくようになりました。

「Sleeping Baby」は赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけで悩む夫婦の悩みをベビー服から解決するためにアメリカで生まれました。赤ちゃんがなかなか寝てくれなくて悩んでいる日本のパパやママは、ぜひ一度試してみてください。

「Sleeping Baby」の日本公式サイトが8月11日にオープン

公式サイトでは、今秋発売予定の新商品情報も初公開しています。

●着替えが超簡単な新生児から使える「おくるみん」

「おくるみん」(英語名:ZIPPY-SWADDLE)は新生児~2-3ヶ月の赤ちゃん向けに作られた「Sleeping Baby」オリジナルデザインの特殊なおくるみです。ポイントは下の部分がジッパーで開くようになっているのでおむつ替えが簡単なこと。お着替え自体も普通のおくるみよりも楽にできるよう設計されています。

●赤ちゃんを冷えから守るウェアラブル毛布「ムササビ」

寝ているときの赤ちゃんが寝相でお布団を蹴飛ばして体を冷やしてしまうことを心配しているパパママにおすすめなのがこちら。「ムササビ」(英語名:FLYING SQUIRREL)は1ヶ月から5歳の赤ちゃん向けのロンパースのような形状のウェアラブル毛布。特徴は手足先の袖口をめくって、寝るときと起きて活動するときで形を変えられるようになっている点です。

ママのお腹の中を再現して夜泣きを軽減してくれる、進化型おくるみパジャマ「Sleeping Baby」。出産祝い、ギフトにも最適です。詳しくは、日本公式サイトをご覧ください。

「Sleeping Baby」の日本公式サイトURL:
http://www.sleepingbaby.jp

What’s new
子育てママに贈るおすすめ情報。
このコーナーでは、ママに関することや育児に関することなど、役に立つ情報や旬な話題をお届けします。

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー