Online Shop

BRANSHES

Mama Koe

子どもの努力が実る方法は、プラスの言葉をかけ続けること ~ママに届けたいメッセージ  Vol.280〜

「ウチの子、こんなことできるのかしら?」
「この子は、これは苦手なのではないだろうか」

我が子に対して、そんな感情を抱くことがあるでしょう。

確かに、どの子にも苦手、不得手な分野があったり、
周囲からも、残念な目を向けられることがあるかもしれません。

しかし、そんなとき、
親までもが、「無理」「不可能」「ダメ」という
ネガティブな捉え方をしたらどうでしょう。

きっと子どもは、
「やっぱり自分には無理なんだ」
「自分はダメなんだ」
と思ってしまうでしょう。

親は、子どもの可能性を信じ、
ポジティブワードをかけるべきです。

「あなたなら、きっとできる!」
「ママはあなたを信じているから大丈夫!」
子どもにとことん前向きな言葉をかけてあげましょう。

「そんなこと、絶対に無理」と、思うかもしれませんが、
子どもの可能性は、無限です。
努力は実るでしょうし、
ミラクルが待っているかもしれません。

また、何度も繰り返し言うことによって、
それはやがて現実にもなりえるのです。

いろいろな可能性が秘めているというのは、
ワクワクする未来がある、ということ。

ワクワクする未来を想像しながら、
子どもにプラスの言葉をどんどんかけていきましょう。