Online Shop

BRANSHES

Mama Koe

子どもの豊かな発想力を育むためにママができること ~ママに届けたいメッセージ  Vol.274〜

泥遊びをする男の子

子どもは、
大人から見ると
「なんておかしなこと……」
と思うようなことをしたりします。

オレンジジュースにりんごジュースを混ぜて飲んでみたり、
水たまりに入って飛んだり跳ねたりしたり、
お人形の髪にスライムをべったり付けてみたり、
大切なおもちゃを分解してバラバラにしてみたり。

「もう! 何をしているの! やめなさい!」
と言いたくなる場面が一日に何度もあります。

大人にとっては、
非常にくだらなく、馬鹿馬鹿しいと感じること。

でも、子どもの目を見てください。
キラキラと輝いていませんか。

子どもはいつも、
大人が思いつかない視点でものを見て、
面白いことを発見します。

それに対して、
「そんなくだらないこと……」と言ってしまえば、
せっかく生まれた素晴らしい発想力が育ちません。

それどころか、
「こんなことをしてはダメなんだ」と考え、
その後、豊かな創造力、発想力の芽が出ることはないかもしれません。

「いつも新しい遊びや”実験”を生み出す子どもは素晴らしい!」

と考えましょう。

そして、その自由な発想をした子どもをどんどん褒めましょう。

褒められることで、子どもはもっと面白いことを考えようとします。
それこそが、子どもにとって大切な力なのです。