Online Shop

BRANSHES

Mama Koe

子どもを応援するときに気を付けるべきこと 〜ママに届けたいメッセージ  Vol.253〜

子どもが何かを必死に頑張っているとき、
親はそれを応援したいと思う。

「頑張れ!」と声をかける。
できないところに手を差し伸べる。
失敗しそうになったらフォローする。
黙って見守る。

いろいろなシチュエーションがあるだろう。

大人から見れば、
「ここをこうすればうまくいくのに」
とか、
「どうしてこうしないの?!」
とか、
感じてしまいがち。

そしてそれば、イライラへとつながって……

最終的には、
応援が子どもにとってのプレッシャーになったり、
さらには非難になってしまうことも、あるかもしれない。

よく考えてみよう。
“子どものため”と言うけれど、
実は、親の保身だったり、プライドだったり。

それは本当に応援だろうか。

口が出るのを、手が出るのを
ぐっと抑えて、
ただひたすら、子どもを信じて待つ
というのも、ひとつの応援なのかもしれない。

「頑張って!」「絶対できるよ!」
心の中でそう思うことだって、
素晴らしい応援。

子どもが頑張っているときは、
「頑張っているね!」
と、今の頑張りを認め、褒めよう。

結果はあとからついてくる。
今、頑張っているその姿を、
温かい目で見つめ、
寄り添うことが、
親ができる応援なのではないだろうか。