Online Shop

BRANSHES

Mama Koe

「リンキマルズシリーズ」なかまに出会うと一緒に歌う知育玩具 -what’s new-

2020.06.03

なかまに出会うとリンクして一緒に歌ったり、盛り上げてくれたり!

世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人マテル・インターナショナル株式会社から発売された知育玩具、「リンキマルズ ナマケモノ」、「リンキマルズ ラマ」、「リンキマルズ ハリネズミ」、「リンキマルズ トナカイ」をご紹介します。

リンキマルズシリーズ

リンキマルズは、「リンク」と「アニマルズ」を組み合わせた、商品同士を連動させることで楽しく学べる知育玩具です。一匹がおしゃべりを始めると他の動物も相槌をうったり、一緒に合唱したりして、動物同士がコミュニケーションをとっているように見えます。リンキマルズで遊ぶことを通してコミュニケーションの楽しさも学ぶことができます。

リンキマルズ ナマケモノ

リンキマルズ ナマケモノ

アルファベットや数字、反対語を日本語と英語の楽しい歌で学べます。またナマケモノのおしゃべりを聞いて、ナマケモノの動きを真似するまねっこゲームで楽しく体を動かせます。

メーカー希望小売価格:4,000円(税抜)
発売日       :2020年5月下旬より発売
対象年齢      :9ヶ月~
サイズ(cm)    :W26.7×D14.3×H27.9
発売元/販売元    :マテル・インターナショナル株式会社
URL        :http://mattel.co.jp/fisher_price/product/glm99.html

■リンキマルズ ラマ

リンキマルズ ラマ

リングを重ねる動きの中で、物の大きさや順番を覚えられる商品です。ラマの頭をおすとライトアップして、数字の歌をバイリンガルで歌います。

メーカー希望小売価格:2,700円(税抜)
発売日       :2020年5月下旬より発売
対象年齢      :9ヶ月~
サイズ(cm)    :W17.8×D16×H27.9
発売元/販売元    :マテル・インターナショナル株式会社
URL        :http://mattel.co.jp/fisher_price/product/gjn71.html

■リンキマルズ ハリネズミ

リンキマルズ ハリネズミ

ボタンを押して愉快な歌やライトで楽しく数字を学べる商品です。また引きひもがついているので、一緒に引っ張って遊ぶことで運動能力の発達をサポートします。

メーカー希望小売価格:4,000円(税抜)
発売日       :2020年5月下旬より発売
対象年齢      :9ヶ月~
サイズ(cm)    :W29.8×D14×H27.9
発売元/販売元    :マテル・インターナショナル株式会社
URL        :http://mattel.co.jp/fisher_price/product/gjb15.html

■リンキマルズ トナカイ

リンキマルズ トナカイ

おなかをおすことでおしゃべりや音楽が流れるので、遊びながら因果関係を学べます。

メーカー希望小売価格:1,800円(税抜)
発売日       :2020年5月下旬より発売
対象年齢      :9ヶ月~
サイズ(cm)     :W12.4×D8.9×H20.3
発売元/販売元     :マテル・インターナショナル株式会社
URL        :http://mattel.co.jp/fisher_price/product/gln07.html

■「リンキマルズ」ムービー公開中!

リンキマルズ

リンキマルズの動物たちが歌ったりおしゃべりしたりする様子を収めた動画をYou Tubeにて公開しています。
動物同士がリンクする様子を、ぜひご覧ください。
リンクしている様子:https://youtu.be/9dJZ_HKKQJc

ナマケモノ:https://www.youtube.com/watch?v=onUDP5LthxY
ラマ:https://www.youtube.com/watch?v=AcT8maj4PoI
ハリネズミ:https://www.youtube.com/watch?v=eMWBfbJnTe8
トナカイ:https://www.youtube.com/watch?v=lO3cxOMriiY
※ラッコは日本では発売していません。

■一般社団法人日本アタッチメント育児協会 理事 細井香氏のコメント

リンキマルズは赤ちゃんが反応するポイントが豊富にあり、発達心理学における発達課題を遊びの中で育めるように意図されています。お子さまが豊かに反応できるおもちゃは、親からの語りかけを生み、もっとも本質的で質の高いアタッチメント行動である「非言語の対話」を生みます。「非言語の対話」とは、言葉による対話ではなく、表情や反応、感情をダイレクトにやりとりする対話です。
またリンキマルズは、言語の入り口である生後8ヶ月から3歳くらいまで、長く遊べます。発達段階によって高度化する遊び方にも対応しています。8ヶ月のころは、一体のリンキマルズで、音や光の反応をいっしょに楽しみ、反応し、語りかけ遊びをします。1歳を過ぎて両手を使ったあそびができるようになったら、別のリンキマルズを追加して、反応の違いを楽しんだり、2体がリンクして反応するさまを楽しむことで、遊びが発展します。2歳を過ぎたら、複数のリンキマルズで、想像の世界をつくるあそびができます。

What’s new
子育てママに贈るおすすめ情報。
このコーナーでは、ママに関することや育児に関することなど、役に立つ情報や旬な話題をお届けします。

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー