Online Shop

BRANSHES

Mama Koe

美味しいご飯のお供「ひじきのふりかけ」の作り方

食欲の秋。実りの秋。美味しい作物が出来る時期ですね。私は新米を食べる時が一番ワクワクします。今年も美味しいお米が食べる事が出来る事に幸せを感じます。


そんなご飯に美味しいお供を。今回はひじきのふりかけをご紹介します。


市販品でもありますが、とっても簡単に作れます。作りおきが出来るので、ご飯にかける以外にも、サラダやパスタ、茹で野菜に和えるなど、食卓に美味しい一品が出来て便利ですよ。
ひじきの黒色を利用してハロウィンのデコレーションにも使えそうですね。

今回のレシピにはじゃこと梅を入れていますが、除いてもらっても良いですし、お好みで鷹の爪や紫蘇を加えるなどアレンジは自由です。

材料【作りやすい分量】

ひじきのふりかけの材料
  • 乾燥ひじき ・・・・・  1袋(15g)
  • 梅干し ・・・・・・・ 1個
  • じゃこ ・・・・・・・ 大さじ2
  • 白ごま  ・・・・・・・ 適量

調味料

  • 酒 ・・・・・・・・・ 大さじ2
  • 砂糖 ・・・・・・・・ 大さじ2
  • しょう油 ・・・・・・ 大さじ2
  • みりん ・・・・・・・ 大さじ2

作り方

① ひじきは水に戻して洗い、ザルに上げて水気をきる。梅干しは種を除き、果肉を刻む。

②フライパンを熱し、①のひじきを入れて水分を飛ばすように3分程から煎りする。

ひじきの水分を飛ばす

③②のひじきがパラっとしてきたら調味料を入れ、全体に混ぜながら炒める。

④汁気がなくなってきたら①の梅干しとじゃこを加えて炒め、最後に白ごまをふりかけて完成。

じゃこや梅干しを入れる
調味料を入れて炒める

※ひじきをから煎りすることで水分が飛び、調味料がよく染みるようになります。
※ 炒める時に焦がさないように中弱火で混ぜながら炒めましょう。

この記事の著者 フードコーディネーター西田 佳代子 

ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。


また、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。 特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!
【お料理教室cotocoto】

【西田佳代子の記事】
https://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています

ママと子どもの食育レシピシリーズ