未来の子どもたちのために
きれいで安心して遊べる
感動できる海を残したい

みなさんは今、海で何が起こっているかご存知でしょうか?沖縄のサンゴ礁は地球温暖化や水質汚染などによって次々と失われており『絶滅危機』にランクされています。さらに、サンゴ礁の破壊は沖縄に限らず地球規模で進んでいます。サンゴ礁には全海洋生物の四分の一が生息していると言われており、地球温暖化の原因であるCO2を吸収する力があります。つまりサンゴは海にとって地球にとって、なくてはならない存在なのです。ブランシェス株式会社は、社会貢献活動の一環として、サンゴを守る活動をしています。

サンゴ礁再生活動

沖縄の海でサンゴの植樹を行います。植樹は2010年映画「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」のモデルになった金城浩二さんが運営する『(有)海の種』に委託して行なっています。また「ブランシェスオリジナルハンドタオル」を企画販売し、その売上の10%をサンゴ植樹活動に役立てています。

環境活動を実践しているエコピープル(eco検定合格者)及びエコユニットの実績を称えるeco検定アワードを3年連続受賞しました。
更に様々な社会的課題の解決・緩和に貢献するソーシャルプロダクツ(社会的弱者や環境等への配慮がなされた商品・サービス)に与えられるソーシャルブロダクツアワード2015受賞を受賞いたしました。

Next

オリジナルecoサンゴタオル

オリジナルサンゴタオル

ハンドタオル売上の10%を(有)海の種に寄付し、沖縄の海にサンゴを植える活動をしています。
売上枚数:約10803枚(2016年2月末時点)

※在庫については各ショップにお問い合わせください。
※Br(ビーアール)ショップは沖縄の2店舗(イオン南風原店 イオン具志川店)のみお買い求め頂けます。

商品の詳細はこちら

Next

植樹されたサンゴ

「ブランシェスオリジナルハンドタオル」を通じて植樹されたサンゴの様子をご紹介します。
植樹株数:118株(2015年11月末時点)

以前に植樹されたサンゴはこちら
(有)海の種

Next

推薦図書
『サンゴの森-Jr.Diver RINA-』

サンゴの森?Jr.Diver RINA?(栗原里奈著)

ブランシェスでは「サンゴの森-Jr.Diver RINA-」(栗原里奈著)を一部店舗にてご紹介しています。当時小学6年生の著者は、現在もお年玉を使って沖縄の海にサンゴを植える活動をしています。かわいいイラストとやさしい文章で、小さな子どもにも環境について考えるきっかけを与えてくれる一冊。未来屋書店オンラインショップでご購入いただけます。

ブランシェスのサンゴの森

Next

植樹したサンゴが成長し、そこに生き物が住みつき産卵し、卵からかえったサンゴの子どもたちがまた命を育んでいく・・・

サンゴを守ることは、美しい海を守ることになり、それが地球のためとなり、未来の子どもたちのためにつながっていく・・・・

そんな夢のある取り組み、一緒に始めてみませんか?