2018.6.5 ママと子どもの食育レシピ  

カットしたのはカイワレのみ! 簡単・ヘルシー「キムチ豆腐丼」の作り方

キムチ豆腐丼

ジメジメと蒸し暑い梅雨に入る季節は、火を使わない簡単なお料理が人気のようです。
スーパーに行っても、流水麺の種類が年々増えているのを見ても一目瞭然ですね。

そこで流行りにのって、豆腐丼を作ってみました。

冷奴をご飯に乗っけて頂きます。

カットしたのはカイワレのみ!のズボラ飯。豆腐と一緒にキムチと温泉卵、お好みで薬味を散らしてパッと作ってササッと食べる。
豆腐の量を増やしてご飯を軽めにすると、よりヘルシーです。

 

材料(2人分)


木綿豆腐 1/2〜1丁
ツナ缶 ・・・・・・ 80g
キムチ ・・・・・・ 約100g
カイワレ大根 ・・・ 適量
温泉卵 ・・・・・・ 2個
ご飯 ・・・・・・・ 適量
ごま ・・・・・・・ 適量
ごま油 ・・・・・・ 適量
しょうゆ ・・・・・ 適量
のり ・・・・・・・ 適宜

 

作り方


1.豆腐はよく水気をきり、ボウルに移してスプーンなどで適当な大きさに崩す


豆腐

 

2.別のボウルに油をきったツナとキムチを入れて混ぜ合わせる


キムチと具材を混ぜ合わせる

 

3.カイワレ大根は適当な大きさに切る




4.器にご飯を盛り、1の豆腐、2のキムチをのせ、中央に温泉卵を割り、3のカイワレとごまを散らす。仕上げにごま油と醤油を回しかけ、のりを添えて頂く


カイワレを乗せる

 
豆腐とご飯を混ぜながら食べるので、食欲のない日でもサラっといけますよ。

また、具材にキムチをチョイスしましたが、豆腐に合うお好きなものをトッピングにするとバリエーションが増えて楽しめます。

 
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ