2018.1.30 ママと子どもの食育レシピ  

旬の牡蠣と相性の良いほうれん草を合わせた、フライパン1つで簡単卵料理「牡蠣のオムレツ」 【ママと子どもの食育レシピ】

厳しい寒さが続く・・・それは、牡蠣が美味しい季節です。

そんな時期には、牡蠣の漁港まで足を運び、その場で買った殻付き牡蠣を炉端で焼き、たくさん食べるのが家族のイベントの1つでもあります。

牡蠣は海のミルクと言われるくらい栄養満点。

それなのにヘルシー。牡蠣の旨味は強いので、いつものお料理に加えても風味が深くなって美味しくなります。

牡蠣の調味料が出来るのも納得ですね。

牡蠣料理も色々ありますが、相性の良いほうれん草を合わせて簡単な卵料理を作りました。

フライパン1つで出来る簡単おかずです。是非、お試しください。

 

牡蠣のオムレツ


牡蠣のオムレツ

材料


牡蠣 ・・・・・・ 10粒程
ほうれん草 ・・・ 1/2束
卵 ・・・・・・・ 2個
オリーブ油 ・・・ 大さじ1
おろしにんにく ・ 小1
塩こしょう ・・・ 少々

ソース

チリソース ・・・ 大さじ2
ケチャップ ・・・ 大さじ1

作り方



1.牡蠣はボウルに入れて水をはり、片栗粉小さじ1と塩小さじ1程を入れて混ぜ、数分置いてからザルに上げて流水でよく洗って水気をきる。ほうれん草はザク切りにする。卵は溶いておく。

牡蠣をボウルで洗う

 
2.フライパンにオリーブ油とおろしにんにくを入れて加熱し、香りが立ったら1の牡蠣を入れて焼く。

フライパンで牡蠣を炒める

 
3.牡蠣から汁が出てきたらほうれん草を加えて塩こしょうをして炒める。


 
4.ほうれん草がしんなりとしたら溶き卵を流し入れて焼く

ほうれん草に溶き卵

 
5.ふちが固まってきたらひっくり返して焼いて器に移し、適当な大きさに切り分ける。ソースを混ぜ合わせ、お好みでかけていただく。

牡蠣のオムレツほぼ出来上がり

 

料理のポイントなど


牡蠣の下処理で片栗粉を入れて洗うと塩だけで洗うよりも汚れが早く取れます。

オムレツにするのが手間な場合は混ぜながら焼いても美味しいです。

もう少しコクが欲しい場合はオリーブ油をバターに変えてみてください。

溶き卵にチーズを加えるのも良いと思います。

 
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ